読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ブログと #いえよう

  へっぽこ JBCF E2 ライダー でクラヲタな雑記

2017/05/07 加須こいのぼりTT

初めて加須こいのぼりTTに出てきた。

本当は茂庭っ湖も出る予定だったが、同乗させてもらう人がいけなくなり、DNS

去年からTTバイク買ったら出てみたいと思っていたレース。

 

TTバイクのレースはこれで2回目。彩湖のTT以来。

この時は爆風でZipp808しか持っていかなくて失敗した。

今回は一応BORA Ultra 50も前輪として持っていく。

 

【レースレポート】

 

天候:曇り

気温:20℃

風:ほぼ無風、東1mくらい

前日は昼寝しすぎたせいか、寝付きが悪い。

遠征の2日目の晩は熟睡できるが、初日の自宅ではダメ。

6時過ぎにチームメイトのNさんにピックアップしてもらい、7時40分会場入り。

受付を済ませる。埼玉車連の管轄のレースだが、検車はなく、出走のサインのみ。

出走メンバーはほぼJPT...。全日本チャンプも出ていたり。

 

使用機材

・バイク:Cervélo P3 2016 51インチ

・ホイール

 Front:Zipp 808 CL

 Rear:REYNOLDS ELEMENT CL

・ベースバー:Profile Design SVET
・DHバー:Profile Design T2+
・ペダル:LOOK KEO2 blade

・タイヤ:前後 Continental TT 23c 8.2bar

・サドル:スペシャライズド Sitero

コンポーネントシマノ DURA-ACE 9070 Di2 (FD,RDのみ6870)

・クランク:Simano DURA-ACE 9000 55x42

・カセット:Ultegra 11s 11x23

 

機材ではないが、シューズカバーもしていく。

  f:id:wyattearp0:20170508220340j:plain

8時20分頃からアップを開始。

今回はローラーを持ってきていなかったが、自分はローラーのほうがアップではよかったな(群馬のときがまさにそうだった)と少し後悔しながら、コース近くでアップする。

なかなか心拍が上がってくれない。

 

15秒起きのスタートのせいか、ホールドやスタート台はなし。ど平坦の川沿いの道を往復するだけ。

 

9時05分15秒スタート。

スタートでクリートキャッチをミスってしまうが、先も長いのでそこまで慌てないようにする。

入りが500Wくらいでちょっと上げすぎたかなと減速した途端に、2位の選手に凄い勢いで抜かれた。ここまでは想定内。

しかし、ここから速度がなかなか上がらない。36-38km/hくらい。若干の向かい風であるが、前の目標が消えてしまったのが大きいかも。

心拍も170にすら届かず苦しい。

ようやく折り返し。後ろに4人くらいはいたか。

2人の選手にパスされる。もう1人にも抜かれるが、ここは抜き返して、先の選手を目標に集中力を切らさないように、42-44km/hをキープ。ここからスピードも安定し、心拍も170台に乗ってくる。しかし、前の選手もペースを上げたのか、視界から消えていく。フラッシュが焚かれ、頑張れ!!と何人からか応援を頂く。残り2kmの看板が見えて、ここからは自分との闘い。スピードをどんどん上げて、最後は50km/hでフィニッシュ。

f:id:wyattearp0:20170508215850j:plain

f:id:wyattearp0:20170508215905j:plain

f:id:wyattearp0:20170508215652j:plain

結果は下から3番目でavg.40km/hも届かないという悲惨なものだった。

f:id:wyattearp0:20170508215937j:plain  

  全然パワーも出ていないし。FTP以下。 f:id:wyattearp0:20170508220143p:plain 前半のペースダウンが勿体無い。 f:id:wyattearp0:20170508225115p:plain

反省点としてはアップの方法が失敗。

心拍を180まで上げておかないとダメ。

心拍上がりきってない。 f:id:wyattearp0:20170508225157p:plain

あとは経験と実力不足としか言いようがないか。ちょうど20分くらいで走れる距離なので、ローラーでポジションを煮詰めながら20分走をやるのが1番分かりやすい対策かなと感じた。

来年は最低でもavg.43km/hは出して真ん中よりは前に食い込むことが目標。

 

時間の都合もあり、TTTの観戦はせず、Nさんと自宅近所でご飯を食べて帰宅。

f:id:wyattearp0:20170508220205j:plain

疲れは感じなかったが、帰宅する頃に脚が重たくなってきた...。